弾圧でFC2ブログに引越しします。

2011年05月07日

【管直人】浜岡原発の全原子炉停止を要請


放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

浜岡原発の全原子炉停止へ 首相の要請受け入れ asahi.com
http://www.asahi.com/politics/update/0506/TKY201105060230.html

人気ブログランキングへ【引用】
菅直人首相は6日、東海地震の想定震源域である静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所について、定期検査中の3号機や稼働中の4、5号機も含めてすべての原子炉を停止するよう中部電に要請した。中部電は受け入れる方向。停止期間は、中部電が2〜3年後の完成を目指す防潮堤新設までとなる見通しだ。

 中部電は近く役員会を開き、要請に対する対応を決める方針。首相には法律上、原発の運転停止を指示する権限がない。原発を停止すれば、不利益を被ったとして株主から訴えられる可能性もある。ただ、中部電幹部は6日夜、「(政府の)要請とはいえ、命令に近い重みを持っている」と述べ、すべての原子炉を停止させる方向で調整していることを明かした。

 首相の政治判断で稼働中の原発が止まれば、初めてのことだ。

 要請は海江田万里経済産業相を通じ中部電に伝えた。首相は6日夜、首相官邸での記者会見で停止要請を明らかにし、「国民の安全と安心を考えてのこと。浜岡原発で重大な事故が発生した場合、日本社会全体におよぶ甚大な影響を併せて考慮した」と強調した。

 首相は停止要請の理由に東海地震を挙げ、「30年以内にマグニチュード(M)8程度の地震が発生する可能性が87%という数字も示されている」と説明。特有の事情があるとの認識を示し、浜岡以外の原発への対応には言及しなかった。

 停止期間については「防潮堤の設置など中長期の対策が完成するまでの間」とした。中部電は海岸沿いの高さ10メートル以上の砂丘と原発の間に、津波対策として高さ15メートル以上の防潮堤を新設する予定だ。

 首相は、停止要請までの経緯について「先の震災とそれに伴う原子力事故に直面し、私自身、浜岡原発の安全性について様々な意見を聞いてきた」と説明。今後の中部電管内の電力不足対策について「需給バランスに大きな支障が生じないよう政府として最大限の対策を講じていく」と語った。

 中部電は、すべての原子炉を停止させた場合、電力不足に陥る可能性があるため、東京電力への電力融通は「やめることになる」(中部電幹部)という。

 政権が原発停止要請に踏み切った背景には、東京電力福島第一原発の事故を契機に国民世論に浜岡原発への危惧が高まっていることなどがある。川勝平太静岡県知事ら地元自治体の首長も、新たな安全基準を満たさない段階での浜岡原発の稼働に難色を示している。

◇〈浜岡原発〉 中部電力では唯一の原発で、静岡県御前崎市にある。1〜4号機は福島第一原発と同じ沸騰水型炉(BWR)、5号機は改良型沸騰水型炉(ABWR)。1号機(1976年運転開始)と2号機(78年開始)は2009年1月から廃炉の手続き中。現在、代替として6号機の新規建設の計画がある。中電が発電したり他社から受けたりした電力量実績は、10年度速報値で1423億キロワット時、そのうち浜岡原発の発電電力量は153億キロワット時と、1割強だった。


緊急で管首相が行った浜岡原発の停止要請。

以前より東海地震の予想震源地の真上に建っていると言われ危険性について警鐘を鳴らしていた人は多かった。

福島原発事故を受けた後も地震への対応が充分ではなく、官邸への不満が多数ありました。

今回の決定については異議を唱える人は少ないと思いますが、危機管理から見ると遅きに失した感があるとした人もいるようです、

また首相による英断と思われるこのニュースに噛み付いたのは産経。

訴訟恐れた首相の保身 反首相勢力には「クセ球」… 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110507/plc11050701110001-n1.htm

【引用】
菅直人首相が中部電力浜岡原子力発電所の全面停止を唐突に打ち出した。実は原発差し止め訴訟によるダメージを恐れただけのようだが、東京電力福島第1原発事故の対応批判で「菅降ろし」に弾みをつけようとした民主党の鳩山由紀夫前首相や小沢一郎元代表は機先を制せられた。首相の保身術は思わぬ「クセ球」を生むようだ。(加納宏幸、山本雄史)

 「国民のみなさまに重要なお知らせがあります。私は首相として…」

 緊急記者会見でこう切り出した首相はいつになく生気に満ちていた。「首相として」を何度も繰り返し、自らの決断を強調した。

 だが、首相が事務レベルと協議した形跡はない。首相周辺は「会見直前に決めた」と打ち明け、経済産業省幹部も「まったく知らなかった」とこぼした。

 そもそも浜岡原発に関心があったわけではない。2日に福島瑞穂社民党党首から「ぜひ浜岡原発を止めてくださいね」と迫られた際は「ヒャッハッハッ…」と笑ってごまかした。

 だが、首相は同日夕、福島氏から弁護士グループが浜岡原発差し止め訴訟を準備していることを電話で知らされる。「次のターゲットは浜岡原発だ」。やっと気付いた首相は、海江田万里経産相に浜岡視察を命じ原発停止に動き出した。

一方、反首相勢力は、小佐古敏荘東大教授の内閣官房参与辞任後、原発事故を「菅降ろし」の軸に据えつつあった。

 「水による冷却を続けている限り放射能流出は止めようがない。首相は『時間がかかる』と私の言うやり方にしなかった…」

 鳩山氏は6日、滞在先の北京市内のホテルで記者団に、自らが提案した原発の冷却方式を首相に拒否されたことへの怒りをぶちまけた。首相が「想定外」を連発したことにも「そういう言葉を政治家は使うべきではない。あらゆる状況で国民の命を守るのが政治家の責務だ」と非難した。

 小沢氏も6日に珍しく記者団のぶら下がり取材に応じ、「海に陸に空に地下に放射能を垂れ流している。手をこまねいて済む問題ではない。原発が制御不能に陥っている責任は政治家として重い」と断じた。

 ただ、「訴訟怖さ」からの決断が「けがの功名」となり、小沢氏らは戦略見直しを迫られた。

 首相は6日夜、仙谷由人官房副長官と都内のホテルで中華料理に舌鼓を打った。夜の外食は東日本大震災後初めて。浜岡停止により政府は原発政策の見直しを根底から迫られかねないが、首相がそこまで先を読んだようには見えない。


浜岡原発停止について笑って誤魔化した後、福島氏から電話で浜岡原発差し止め訴訟が行われる事を聞いたため急遽浜岡原発に対応したという事のようです。

もし訴訟が行われ、管首相の評判がさらに落ちる事を気にしたのであればなんと小さい男なのだということになります。

TBSラジオのdigで昨夜言われていたのは、管首相は総理大臣になる事を夢見ていたがその夢がかなったことで満足している。

今は少しでも長く首相であるために延命策を講じている。

首相に担いだ面々もなってみたら、ここまで酷いとは思わなかったと嘆いている。

今、首相は周りにいる少数のYESマンだけを重用して、国を憂いた人の直言を無視している。

この様な話の内容であったと記憶しています。

今回の浜岡原発の停止についてはリスク回避の点からみると英断です。

ただ、経済界の人からみるとさらに電気の供給について逼迫し、成長を鈍化させるとなるのでしょう。

ここで仮定の話をするとすれば、もし数ヵ月後に東海大地震がが起きたとします。

そうすると、原発の停止は管首相の英断でその先見の明で原発震災を防げたとなります。

しかし何も起きずに時間だけが過ぎれば、政権の延命策等の話が多数をしめるかもしれません。

これを冷静に比較すれば前者が圧倒的に正しい事が分かります。

今、東日本大震災クラスの地震が来て、事故が起きてしまってからでは取り返しがつきませんから。


ただし、思うのですが原子力発電がすべて悪かったのではないという事。

安全委員会や保安院が安全性や耐震性を改善指導しなかった。

また現在稼動しているすべての原子力発電は技術的に古い原子炉でリスクがありいずれ停止しなければならない物です。


マイクロソフトのビルゲイツの資金援助している次世代原子炉は非常に小型でプロトニウムを出さず、安全性が高いと言われています。

ビル・ゲイツ、エネルギーを語る―「福島以後もやはり原子力はキロワット時あたり死傷率で石炭より安全」 TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20110503bill-gates-nuclear/

【引用】
日本の福島原子力発電所の災害以後、公衆は当然ながら再び原子力エネルギーに対して懸念を抱くようになった。しかしビル・ゲイツの意見は違う。ゲイツは今日(米国時間5/3)ニューヨークで開催されるWiredビジネス・カンファレンスで原子力発電、特に次世代モデルの原子力発電のメリットについて語った。不安は多分に過剰反応だと彼は考える。「キロワット時あたりで比較すれば原子力より石炭による死傷者の方が問題にならないほど多い。しかし石炭の場合、事故一回あたりでみれば〔原子力災害で想定されるよりも〕死傷者が少ない。これは政治家にとっては大きなメリットだ」とゲイツは述べた。

ゲイツは単に主張するだけでなく、自身の資金を投じている。彼は元部下で親友のネイサン・ミアボルド(Nathan Myrhvold)の原子力エネルギー事業、Terrapowerに 出資している。このスタートアップが開発中の次世代原子炉は、在来型に比べて核廃棄物の量を1000分の1に減らすことができる

しかしゲイツが投資しているのは原子力ばかりではない。バッテリー、太陽光発電、バイオ燃料など10以上の会社に投資中だ。「われわれはすべての可能性を追求する必要がある。エネルギー分野に対する人材の質も利用出来るツールも20年前とは比較にならないほど上がった。それでもわれわれがエネルギー分野でブレークスルーを得られるかどうかは分からない」とゲイツは言う。

太陽光発電、風力発電には大きな可能性がある。しかしこれらは継続的にエネルギーを供給できない。それがゲイツが原子力を推す理由だ。「エネルギー分野での前進は経済全体の拡大のために必須だ。しかし解決しなければならない重要な問題が3つある。コスト、安定性、環境への影響だ。価格が高すぎても困る。供給がいつなんどき途切れるか分からないのでは困る。地球環境を破壊されても困る。そうした点が解決されねばならない」とゲイツは述べた。

その中でもコストは新しいエネルギー源が直面するもっとも困難な課題だ。「われわれは豊かな国に住んでいるためにコスト意識に乏しくなっている。われわれは太陽光発電や風力発電のために少々余分に払える経済力があるからだ。しかし世界に真のインパクトを与えるためには代替エネルギーのコストは現在の化石燃料と競走できる値にならなくてはいけない。世界の80%の場所ではエネルギーはもっとも経済的なものが購入される。われわれはエネルギーが世界中で適切な価格で提供されるよう助けなければならない」と述べた。

各家庭が分散発電して、余剰電力をスマートグリッドに戻すというアイディアはどうか? ゲイツは「魅力的なアイディアだが、実現性は低い」と評した。代替エネルギーとしては、砂漠の太陽光発電のような大規模な施設の開発は必要だろう。“家庭で発電するというのは魅力的なアイディアだが、エネルギー問題に本当に影響を与えるには砂漠の太陽光発電所のような大規模な施設が必要だ」と述べた。


ビルゲイツは経済人としての立場で意見を言っています。

核廃棄物が1000分の1という次世代原子力発電。

これは過去にアメリカが実験に成功していましたが、核兵器を開発するためにプロトニウムが必要であったため開発を封印されました。

現在この次世代原子力発電はアメリカ以外にも中国が開発を進めています。

トリウム溶融塩原子炉。

開発が進められ、実用化がされればコンパクトで事故が起きた時も現在のような事故が起きないといわれています。

施設についても地下に設置でき、また雑食性がありプロトニウムさえも燃料とする事が可能。

一部ではアメリカが原子力回帰したにも係わらず、核廃棄物処理施設の計画を中止したのはこの次世代原子力発電を想定しているためであると言われています。

今だからこそ何が何でも原子力賛成、何が何でも反対ではなく、ビルゲイツのように冷静に原子力も自然エネルギーも両方の可能性を考える姿勢が必要だと思います。

日本は中間的な考えが少ないそうなので特に注意しなければならないでしょう。

また今現在、推進派が必死で守ろうとしている原発は旧式の危険な物だという認識も必要です。

危険な物を危険だと認識してそれに最大限備える事。

それが今回の停止ではなかったかと思います。

今後さらに日本の原発について安全性を確保、停止しなければならないでしょう。

また原子力の依存度を下げる事も必要となるでしょう。

それには今までのようにジャブジャブと電気を使う事は止め、厳しい節電をしなければならないのかもしれません。

そう考えると東日本大震災は色々な意味で日本にとって歴史に残る転換期になったのかもしれません。

歴史の鼓動を感じた!と思った人はクリック!
人気ブログランキングへ


放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
posted by kanji at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシングリファレンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。