弾圧でFC2ブログに引越しします。

2011年05月09日

100倍ストロンチウム、福島第一土壌から検出


ユニット 放射能標識 817−30 放射性同位元素 使用室

100倍ストロンチウム、福島第一土壌から検出 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110509-OYT1T00182.htm

人気ブログランキングへ【引用】 
東京電力は8日、福島第一原発敷地内3か所の土壌と、同原発と福島第二原発の沖合4か所の海水から、放射性物質のストロンチウム89、90を検出したと発表した。

特に土壌2か所から見つかった、骨に沈着するストロンチウム90は、冷戦時代に実施された核実験の後に、日本で観測された濃度の約100倍に上り、東電は今回の原発事故で放出されたものとしている。

一方、第一原発の放水口付近などから採取した海水に含まれていたストロンチウム90は、国が定める濃度基準の最大でも3割程度だった。

採取日はいずれも4月18日。(2011年5月9日07時32分 読売新聞)


読売新聞さんによると検出されたストロンチウムの濃度は冷戦時代の核実験時の約100倍の濃度との事。

以前テレビに出ていた東大の学者が冷戦時代の濃度と同じ、または低いとおっしゃっていたよう気がします。

ほんと凄いデマを言っていたとしか言いようがないです。

公共の電波を使うのであれば正確なデータが出た後にそれに基づく回答をして欲しい物です。

ストロンチウムは骨に溜まるそうなので非常に厄介だそうです。

海でも検出されているそうですが、魚などは食べても大丈夫だとTVで言う学者もいます。

詳細な研究結果を示して本当に大丈夫なのか言って欲しいですね。

後から直ちに異常はないですが長期間食べると危険ですなどと言わないか非常に心配です。

この様な学者がいるから風評被害が生まれるのではないかと思います。

これだけ消費が落ち込んでいる所に殺人ユッケ事件。

消費回復のためにもう少ししたら各業界団体が放射能安全基準チェック済みシールや心配な人は店でガイガーカウンターで無料で計測してくれるサービス等が出来るかもしれないですね。

これからはますます日本も安全を買う時代になっていくのかもしれないですね。

心配だ!と思った人はクリック!
人気ブログランキングへ


放射能物質対応呼吸用マスク  FSC-F-99E  (10枚入り) 当商品は 顔に密着し側面外部から空気が完全に入らない事と鼻の部分からも空気が入らないのが特徴です。
posted by kanji at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200050942

この記事へのトラックバック
キャッシングリファレンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。