弾圧でFC2ブログに引越しします。

2011年05月14日

ついに犠牲者が!福島原発の男性下請け作業員死亡


原発事故 残留汚染の危険性

福島第1原発:協力会社作業員死亡 廃棄物処理施設で作業 毎日jp
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20110514k0000e040044000c.html

人気ブログランキングへ【引用】
東京電力は14日午前、福島第1原発の集中廃棄物処理施設で作業していた協力会社の60代の男性作業員が同日午前6時50分ごろ、体調不良を訴え、同8時半ごろに福島県いわき市内の病院へ搬送したと発表した。

 東電によると、男性は9時33分、死亡が確認された。死因などを調べている。同原発事故の収束作業では初の死者。

 男性の同日の被ばく線量は0.17ミリシーベルトで、放射性物質の体への付着はなかった。同7時過ぎに医務室に運ばれた時点で意識、呼吸ともなかった。けがなどの外傷はないという。男性は13日から同原発での勤務を開始し、この日が2日目。勤務シフトは午前6〜9時だった。

 当時、男性は防護服とマスクを着用し、2人1組で排水処理の関連作業として、配管を切断する電動ノコギリを同施設の2階から1階に移す作業の途中だった。

 同施設は、2号機のトレンチ(トンネル)やタービン建屋地下などにある高濃度の放射性汚染水を一時的に貯蔵している。1〜4号機の共用施設で、事故前は各号機から出る汚染水の処理をしていた。【中西拓司、岡田英、根本毅】


いわゆる下請けの作業員の方がなくなりました。

福島原発事故当初、線量計なしで作業が行われていました。

また先日、大阪西成あいりん地区より騙され強制連行された上、放水作業させられた方は当初線量計を持たせてもらえなかったとの報道がありました。

下請けの方も相当劣悪な環境で作業させられていたのではないでしょうか?

確か青山繁治氏が現場を撮影した映像には防護服のまま床でぐったりしていた人が映っていました。

現場には悲しみと動揺が走っているかもしれません。

枝野官房長官がよくTVで直ちに影響はありませんとよく言っています。

この方は直ちに影響はなかったようですが徐々に体を蝕んでいっていたという事なのでしょうか?

内閣の方々が防塵マスクに防護服に身を固めている姿をよく見ます。

日本新党の亀井氏はその姿をみて大笑いしていたようですが、やはり内部被爆の恐ろしさをよく聞いているからなのでしょう。

おそらくご遺体は司法解剖に回されて詳しく原因を調べるのでしょうが、過労死以外の原因だった場合でも政府は包み隠さず真実を国民に伝えるのでしょうか?

真実を隠蔽されないか心配です。

一部では原発内部に特攻する決死隊がいると言われていたりしますが、すでに作業員全員が決死隊だったのかもしれません。

現場の作業員の人達には充分な手当てをして、今後この様な事にならないようにして欲しいものです。

現場の作業員が心配だ!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ

【関連】【あいりん】求人と違い「福島原発で作業」 【大阪・西成】
http://newskanji.seesaa.net/article/199989576.html?1305351527


原発事故 残留汚染の危険性
posted by kanji at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
キャッシングリファレンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。