弾圧でFC2ブログに引越しします。

2011年05月16日

水谷建設元幹部「現金運んだ」


M2 ドン小沢くん

水谷建設元幹部「現金運んだ」 ロイター
http://jp.reuters.com/article/kyodoNationalNews/idJP2011051601000283

http://newskanji.blog97.fc2.com/blog-entry-87.html#more
【引用】
小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件の第12回公判は16日、東京地裁で証人尋問があり、中堅ゼネコン水谷建設の元幹部「小沢事務所へ持っていく5千万円を本社から東京支社まで運んだ」と証言した。水谷建設は小沢元代表側に1億円の「裏献金」をしたとされる。証言によると、元幹部は専務だった04年10月、水谷功元会長の指示を受け、新幹線で現金を運んだ。


生々しい証言がまたも出たようです。

ここに来て贈賄側からの証言がポンポン出てきているのは小沢氏の政治的力が弱まっている事の証拠ではないかと思います。

以前であれば、今後の仕事の事を考えて小沢氏側のご機嫌を損ねる証言をする事など考えられなかったでしょう。

贈収賄事件は贈賄側と収賄側の時効が違うのが味噌なんですよね。

金を要求する方を事件の根本、主要因と考えて、時効が贈賄側の方が短いのです。

これにより贈賄側の時効が成立した後に収賄側の不利な証言を得る仕組みになっています。

罪にならないから証言できるという事です。

最近、村木事件の影響で冤罪を生まないために取調べの可視化が叫ばれていますが、この論議については片手落ちであると思います。

現行法では捜査側の力が圧倒的に削がれる恐れが強く、犯罪者側に有利に働く。

アメリカのように司法取引、おとり捜査、銃器や薬物、暴力団関係に限り盗聴を認める等の捜査権の強化とバーターで論議される物ではないかと考えます。

また証人保護プログラムの様なシステムも同時に行わなければならないでしょう。

アメリカのシステムが何でもよい訳ではありませんが、雑魚より巨悪、元締めを取り締まるという考えも大切だと思います。

政治家の刑罰についても国民の代表、模範にならなければならないという考えからすると、罪を犯した場合は5割増しにする法律があってもよさそうです。

もしこの様な法案が国会で提出されて反対する人はおそらくやましい人だけではないでしょうかね。

もしその時は、反対した人はメモメモです。

ますます雲行きが怪しくなってきた!と思った人はボールをキック!!
人気ブログランキングへ


M2 ドン小沢くん
posted by kanji at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201402559

この記事へのトラックバック
キャッシングリファレンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。