弾圧でFC2ブログに引越しします。

2011年04月14日

地震予知で、東大VS京大

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110414-OYT1T00112.htm

「地震の予知は不可能」…東大教授が寄稿 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110414-OYT1T00478.htm?from=main5

地震予知は不可能という「たかじんのそこまで言って委員会」でお馴染みのロバート・ゲラー東京大教授(地震学)。
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/people/index.php/%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88

それに対抗するかのように、早ければ1か月以内東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級巨大地震発生する可能性が高いと、京都大防災研究所遠田晋次准教授(地震地質学)、
地震予知研究センター所属
http://www.dpri.kyoto-u.ac.jp/web_j/contents/group/bumon_center.php?bc_number=230

真っ向から対立する両者が14日YOMIURI ONLINE上でニュースになっているのも何かの因果でしょう。

いいニュースではないですが一応、1ヶ月以内はM8の地震がまた東北で起きる可能性があると仮定して準備だけはしておかなければならないと思います。

復興がメインテーマになりつつある今だからこそ注意では?


完全カンニング・マニュアル―どんな試験でもラクラク合格!

ソースネクスト
posted by kanji at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ロバート・ゲラー】「地震予知、即刻中止を」【東大】

「地震予知、即刻中止を」 東大教授、英誌に掲載
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041301001002.html

 「日本政府は不毛な地震予知を即刻やめるべき」などとする、ロバート・ゲラー東京大教授(地震学)の論文が14日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。  「(常に)日本全土が地震の危険にさらされており、特定の地域のリスクを評価できない」とし、国民や政府に「想定外」に備え… [記事全文]



読売日本テレビ系列の「たかじんのそこまで言って委員会」(関東圏は未放送)でお馴染みの地震学者ロバート・ゲラー東大教授の論文が英科学誌ネイチャーに掲載されたようです。

ゲラー氏は以前より「地震は予知できない。」とはっきり言っていて地震予知に使われている巨額の資金が無駄であると指摘しています。

また、昨日の国会で民主党の福山官房副長官が「余震はいつ来るか分かりませんので・・・」と答弁していました。

地震のメカニズムを研究するのはよいですが、予知できるとデマを飛ばすのは福島原発事故がレベル4だと言っていた民主党と同じです。

また蓮舫大臣が地震予知の無駄な予算を仕分け出来ていなかったのはやはりパフォーマンスだった事を証明していますね。

しかし民主党政権は東日本大震災規模の地震が各地に起きた場合どうなるのかの想定についての試算をすぐしないのは何故なんでしょう?

東海や西日本で起きる事はないと予知済みなんでしょうか?

おそらく政府はどこかで大地震が起きた時にはまた「想定外」と言い訳するんでしょうね。

国民にとってその政府の言い訳は「想定済み」なのですが・・・・


ゲラー東大教授の言う通りだ!と思った人はクリック!
人気ブログランキングへ

ソースネクスト
posted by kanji at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測 YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00603.htm?from=top

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

民主党の隠蔽体質がこんな所にも出ていますね。

こちらは英国WeatherOnlineの放射性物質の拡散予想。
http://www.weatheronline.co.uk/weather/news/fukushima?LANG=en&VAR=nilujapan131&HH=28&LOOP=1

ヨウ素131、キセノン133、セシウム137が拡散予測されています。

予測では6日は太平洋沿岸に満遍なく飛んでいます。

確かにこんなの物を公開すれば買占めで大混乱になるかもしれませんね。


posted by kanji at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キャッシングリファレンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。